メンタルトレーニング

どうして、スランプはあるのだろう?

どうして、本番に弱いのだろう?

体の鍛え方はわかっていても、メンタルの鍛え方を知らない。

メンタルトレーニングという言葉は知っていても、具体的には何をすればいいのかわからない...。

メンタルトレーニングとは・・・その人の「脳」の有効的な使い方を見つけるための作業だ。

自分の「脳」の特徴を知って、それをうまくコントロールすることを知る。

各人固有の強みを伸ばして、弱みをカバーするための作業だ。

それは別の言葉にすると「意識」と「無意識」を整えるトレーニングとも言える。

脳の多くは「無意識」の領域だ。だから、それをうまく味方につけることが重要なんだ。

脳の多くは「無意識」の領域だ。だから、それをうまく味方につけることが重要だ。

 

多くのスポーツ選手が、「こころ」と「身体」は完全に一体化されたシステムだということを実際には理解していない。

時に自分の「思考」が、「身体」の動きを邪魔していることを知らないのだ。

例えばプレッシャーに負けてしまう時、「なんとかしなけらば…」という気持ちが自らを追い込み、全てが裏目にでる。

「身体」の機能をコントロールしているのは「無意識」の領域なのに、「意識」が全てを支配していると勘違いして、「意識的」に「身体」をコントロールしようとして失敗するのだ。

実際には「意識」は「身体」の使い方をそれほどよくわかっていない。

 

それを簡単に説明する有名な寓話がある。

ある日ムカデが散歩していた。

それを見てカエルが興味半分でこう尋ねた。

「ムカデくん、たくさんの足を随分器用に使って歩いているけど、何番目の足が一番最初に動いて、次にどの足がどんなふうに動くんだい?」

MUKADE

すると大変なことが起こった…その質問でムカデは歩けなくなってしまったんだ。

だってそんなこと「意識」して歩いたことがなかったから。

ムカデの「意識」は、自分の歩き方を知らなかったんだ。

 

そこで、あなたに質問。

右の手のひらを上にして、頭の上に置いて。

そう、その通り。

じゃあ、それはどのようにやったか「言葉」でそのプロセスを説明してほしい…。

多くの人がそれを言語化できない、だって「意識」はそのやり方を知らないから。

筋肉を動かすのは神経細胞のネットワークだ、それは「無意識」の領域である。

「意識」は「前に進む」とか「ボールを掴む」とか、「目的」をインプットするにすぎない。

そのプロセスは「無意識」の領域なのである。

 

 

「意識」は私たちが「思考」し「認知」している領域で。

「無意識」の領域はそれ以外のすべてだ。

「無意識」は我々の生命を維持するために、「身体」をコントロールし、不眠不休マルチタスクで働いている。

「無意識」は「意識」がコマンドを入力すると、毎秒A4用紙30枚分の情報にアクセスし「解答」を意識上に上げる。

その膨大な力を利用することが成功への鍵となる。

 

「意識」と「無意識」はよく氷山に例えられる。 水面に出ている部分が「意識」でそのほとんどは水面下の「無意識」の部分だ。

「意識」と「無意識」はよく氷山に例えられる。
水面に出ている部分が「意識」でそのほとんどは水面下の「無意識」の部分だ。

 

「意識」と「無意識」を上手に使って「望んだ結果」を手にいれためのプロセスがメンタルトレーニングだ。

 

 

メンタルトレーニングを導入後「WBOアジアスーパーライト級チャンピオン」になった近藤明弘選手の体験談akihiro-champion1

メンタルトレーニングをやる前と、やった後で大きく変わったことはありますか?

大きく変わったのは試合前のモチベーションの方向性です。

以前はまず「負けたらどうなるか」をイメージすることから始めてました。

周りの人に喜んでもらえなかったり、負けた後の生活って本当に楽しくないので、「こんな思いを二度としたくない」ってイメージすることで、練習のモチベーションを高めてました。

自分をわざと追い込んだり焦らせたりしてたんです。

でもメンタルトレーニングを受けるようになってから、最初に「勝つ」イメージをすることでモチベーションを高めるようになりました。

「みんなと喜んでいる」イメージを頭の中に入れて、そこから練習に持っていくんです。

みんなで祝勝会で大騒ぎしたいっていう明るいイメージがあると、練習も楽しくなるんで・・1日1日が充実していって、周りの雑音にも流されない、勝ちに向かって進んで行くことができるようになりました。

以前は、一回「負けた」気持ちにも持っていくので、練習もちょっと面倒くさく感じたりしてたんです。

試合前になっても、もっと練習できたんじゃないかって、ネガティブな考えが出ちゃったりしてたんです。

今は最初に勝ったイメージを持ってくるので、試合前でももうやることは全部やったって、もうやりきったんだからって焦りもなく「勝つイメージ」しかできない、なんでもプラスの方に持っていくことができました。

なぜか「勝ったイメージ」を強く持っていくとそっちに引き込まれる感じがします。

そっちの流れに引き込まれる・・・のせられるっていうのが体感できました。

以前は「負けるイメージ」をしていたので、こう「勝ち」に向かって練習してるのに「負け」のイメージに引きずり込まれる。

「勝ち」のイメージを強く持っていることによって雑音も入ってこないし、体が「勝つ」ために向かって仕上げられる感じがします。

 

試合中の「こころ」の在り方には何か変化がありましたか?

そうですね、今回も2ラウンドに攻め込まれて3ラウンドも迷いながら戦って、2ラウンドも3ラウンドも取られてるんです。

以前だったらこのまま負けちゃうかもとか、このまま「負けのイメージ」みたいなのに引きずり込まれてたと思うんですけど、メンタルトレーニングを受けてたので「最終的には勝つ」っていうイメージが全く変わりませんでした。

逆に4ラウンド目から仕切り直せばいいんだ、5ラウンド目からしきり直せばいいんだって全く焦りがなくて、最後には倒せるイメージができてたので中盤から盛り上げていって、最後にイメージ通りに倒せることができました。

イメージ通りだったので、倒した時も嬉しかったですけどびっくりはしなかったですね。

 

メンタルトレーニングに関するお問い合わせは、まずはメールで! 無料体験コースもあります。

 

pageTop