「シン・ゴジラ」はなぜヒットしたのか?

予想に反してかなり面白かった、「シン・ゴジラ」。   この映画は長年「ゴジラ」が映画化されるたびにガッカリさせていた我々に「ゴジラ」の本質を伝えてくれた作品だ。 1955年「ゴジラ」が生まれた時、それは恐怖の対象だった。 テレビ放映で見たモノクロの画面から伝わる緊張感に、計り知れない恐怖を感じたの...

プレッシャーをはねのけ、成功を勝ち取る唯一の方法

「ミスをしてはいけない」と思うと、プレッシャーで「ミス」をしてしまう。 これはあなただけの問題ではない、人間誰しもあてはまる「脳の働き」のせいなのだ。 こんな経験はないだろうか? 遊んでいる子どもに「そんなにはしゃいでいると転んでケガするわよ!」と注意をした、次の瞬間みごとに「転んだ」…まるで、その一言が子どもに魔法をか...

「止めたいのに止められない」悪い習慣や癖の秘密

やってはいけないと知っていて、やってしまう悪い癖。 本当に止めたいのに、止めれない悪い習慣、そんなものは誰にでもある。   飲んだ後のラーメン、無駄な間食、喫煙、深酒...などなど。   自分は意志が弱い、ダメな人間だ...と罪悪感にかられたりして...。 でも大丈夫、それはあなたが...

なぜ、いつもお腹が痛くなる…それは大切なメッセージ

朝起きる、学校や会社に行こうとするとお腹や頭が痛くなる....。 行かなければいけにのに....。 自分の意志では「やらなければいけない」と分かっているのに、なぜか身体がそれを邪魔する。 がんばろうと思えば思うほど、プレッシャーを感じ、自分の身体が言うことを聞かない。 まるで、自分の身体が自分を裏切っているようだ…...

NLP用語辞典②ラポールスキル

カウンセラーとクライアントの関係は「ラポール」を築くことから始まる。 それではどのようにして「ラポール」を築くことができるのだろうか? NLPでは、この「ラポール」を築くテクニックの総称を「ラポールスキル」という。 [caption id="attachment_575" align="alignnone" width=...

NLP用語辞典①ラポール

NLP用語辞典①ラポール 相手が抵抗なく自分の意見を受け入れられる心理状態をいう。 語源はフランス語で「橋を架ける」という意味。 お互いの「こころ」に「橋を架ける」というニュアンス、相互が相手を尊重し共感し受容できるような深い信頼関係を築いている状態。 カウンセリングの場において、カウンセラーとクライアント...

NLP=神経言語プログラミングとは何か?

NLP= 神経言語プログラミングってなんだろう? ちょっとスピリチュアル的な怪しいやつ...なんて思っている人も多いハズ。 それもその通り、かくゆう私も「NLPってなんかウサんくさいな〜」と思って敬遠してた。ところが、様々なカウンセリングの技術を学んでいく中で最終的に一番ピンときたのが、このNLPだった。 カウンセリング...

アーティストとマネジメントの関係を良好にするたった一つの理由

アーティストの独立、事務所の移籍、解散.....それが人気のあるアーティストであればマネジメントは大打撃だ。 人気アーティストに対して、まるで腫れ物を触るような感覚でマネジメントは細心の注意を払う。 機嫌を損ねないように...。 ところが、アーティストがどれだけ売れたとしても、その関係性を良好に保ちずっと仲間のように接す...
pageTop