NLP用語辞典①ラポール

2016/11/11

NLP用語辞典①ラポール

相手が抵抗なく自分の意見を受け入れられる心理状態をいう。

語源はフランス語で「橋を架ける」という意味。

お互いの「こころ」に「橋を架ける」というニュアンス、相互が相手を尊重し共感し受容できるような深い信頼関係を築いている状態。

rapport

カウンセリングの場において、カウンセラーとクライアントは前提としてこの心理状態であることが必要。

「心が通い合っている」「どんなことでも打明けられる」「言ったことが十分に理解される」と感じられる関係。

また、すべての人間関係において、トラブルが起こるのはこのラポールの欠如が原因である。

良質なコミュニケーションにラポールは欠かせない。

 

-世界で一番簡単なNLP:神経言語プログラミングの教室
-, , ,

pageTop