人間はなぜ悩むのか?人生を充実させるたった一つの秘密

あなたは、今の生き方に満足しているだろうか?

 

人間は自分の生き方に疑問や不安をかかえ、常に「悩む」生き物だ。

おそらく、犬や猫には悩みがない。

 

 

それは私たちの人生には、無数の選択肢があるからだ。

犬は犬、猫は猫として生きる以外に選択肢はない。

 

しかし、人間には無数の選択肢があり、いろいろな生き方ができる。

そして、自分が本来「こうありたい」と願っている生き方と、現実とのギャップが悩みとなる。

 

 

愛している人から愛されない。

志望校に入りたいけど入れない。

友達と仲良くしたいのにできない。

希望の職業に就きたいのに就けない。

お金が欲しいのに、稼げない。

 

したいのに...できない、なりたいの...になれない。

 

つまり、自分が本来「歩みたいと思っている人生」とかけ離れた時、人間はその距離の分だけ悩むのだ。

 

中には、自分が本当は何をしたいのか、何をする者なのかを最期まで見つけることなしに人生を終える人もいる。

中には、本来の自分を封印し、辛い人生を歩む人もいる。

常に将来に不安を感じ、今の現状に怒りを覚え、過去の後悔に縛られて生きている。

それは、ゴールが見えないからだ。

人間はなりたいものになるために生きるのだ。

自分がなにをしたいのか、なにをする者なのか…それを「アイデンティティー」という。

本来自分がやりたいことと、やっていることが一致している状態を「自己一致」という。

 

職業に限らず、生き方や、他人との関係、あらゆることに理想の姿とのギャップが悩みの種となる。

まずは、自分が本来どういう生き方を望んでいるのか、ということを認識することが必要だ。

 

それが目指すべきゴールとなる。

そして、未来を手に入れるためにどのようなプランを持つのか、実際に今どのような行動を具体的にとる必要があるのか、過去の実績がどのようなリソースとなるのか....。

ゴールに続く道であれば、迷いも生まれず、充実した日々を過ごすことができる。

 

もし、あなたが自分の人生に苛立ちや、焦りを感じているのなら、もう一度「こころ」の中を棚卸ししてみよう。

本当にやりたいことは何か、どのような人生を送りたいのか。

飛翔

自分の生き方は自分で選択することができる。成し遂げるかどうか、それは自由だ。

 

このままの人生をあと何十年も過ごしたとしたら、あなたは死を迎える時に「満足した人生だった」と感じることはできるだろうか?

あなたの悩みを解決する...それが答えだ。

-誰もが知りたい「こころ」の秘密
-, , , , ,

pageTop