緊張しないためのたった一つの簡単な方法

就職活動の面接、大事なプレゼンテーション...ここぞという時に、極度の緊張に覆われて実力が発揮できない!

心臓の鼓動は高鳴り、頭の中は混乱し...思い通りに話せない!

人間は行動する前に、かならず頭の中でその状況をイメージする。

その時に、また「緊張したらどうしよう」という問題意識が顔を出す。そしてなんとかその恐怖を押し殺し、「緊張しないように」と脳に指令を繰り返し送り、勇気を持って面接会場のドアを開ける、またはプレゼンテーションの壇上に立つ。

そして、結果は...見事に玉砕!

この繰り返しが、人前で話したり、人目にさらされるという行為が恐怖でしかなくなってしまうのだ。

 

あなたが「緊張しないように」と一生懸命念じると、不思議なことにあなたの脳は、「緊張する」という指令をあなたの身体に出してしまうのです。

こういう時は「緊張しないように」とこころに念ずるのではなく。

上手く話かけることや、上手く行動できるようにイメージするのです。

人間は脳のなかでイメージをして、その行動をプログラムします。

イメージできないことは、行動にうつせません。

だから、うまく話したり、行動できたりするイメージを抱くことが重要です。

もし、周りに(もしくはテレビに出ている人などでもいいです)あなたの理想の行動をとれる人がいたら、その人になりきってイメージしてみましょうか?

これはモデリングというNLPの心理テクニックです。

他人の行動をまねすることで、じつはその人の考え方もコピーすることができるのです。

専門的な話ははぶきますが、ミラーニューロンという脳細胞がこれを担います。

リラックスして、その人になりきって相手に話かけたり、行動をすることを想像するのです。

想像するだけだから、失敗しても大丈夫ですよね。

うまく想像できるようになったら、次は身体をつかった練習です。

その人になったつもりで、実際に声に出してみましょう。

じつは、この方法はわれわれが幼い時に、人間の行動を学ぶ時に行うのとまったく同じプロセスなのです。

さぁ、そして十分にコツをつかんだら、実際にトライしてみましょう。

上手く行かなければ、ふたたび修正して行動してみましょう。

1回でも成功したら、あなたは新しい能力を身につけたような感じになります。

自分を信じて、成功するまでトライするだけで、ずいぶん行動パターンが変わりますよ  。

-⑦日常に使える「実践心理学」

pageTop