カウンセラー養成講座

プリント

アーティスト、クリエイターといった感性の鋭い人や、成長途中の若者の「こころ」はとても繊細。

なぜならば、彼らの「こころ」は、感度が高いからです。

アーティストやクリエイターは、「こころの感度」が高くなければ、聴く人を「感動」させる作品はできないし、

若者は、多くのことで「こころ」が揺れ動く不安定な時期で、あらゆることに感じやすくなっています。

だから、だから繊細な「こころ」を扱うには、カウンセリングの技術を身につけることはとても重要です。

なぜならば、カウンセリングの技術は、相手と深くコミュニケーションを取ることで問題を解決することができるからです。

そして、アーティスト・マネジメントには、コーチングの技術を身につけることも重要です。

なぜなら、コーチングの技術は、相手を励まし「目標」を達成させるための技術だからです。

 

プリント

 

アーティストやクリエイターといった人たちは、感度が高く、鋭い感性を持っています。

そして、成長期の若者たちの「こころ」は、「敏感」でとても「不安定」です。

どちらもとても「繊細」な「こころ」を持っているのです。

だから、彼らをサポートするには、カウンセリングやコーチングの技術を身につけていることで、多くの問題が解決します。

アメリカで生まれたNLP(神経言語プログラミング)という心理学は、カウンセリングやコーチングの技術を体系化したもので、より良いコミュニケーションが誰とでもできるようになるので、ビジネスの世界でも大変重用されています。

また、カウンセラーとして活躍するための具体的な技術が身につきます。

「カウンセラー養成コース」では全米NLP協会認定プラクティショナー(実践者)の資格と、若者メンタルサポート協会認定カウンセラー資格の両方を得ることができます。

 

 

2つのコースのミッション

二つの講座のコピー

①Basicコース
「繊細」な「こころ」と正しく向き合うための自己改革

 

Basicコースでは、自分のコミュニケーションスタイルを変革することで、相手に影響を与えるということをお伝えします。

いわば、繊細な「こころ」に向き合うための、正しい「在り方」についてお伝えします。

どのように自分のコミュニケーションスタイルを変えれば、より良いサポートができるかを学びます。

【この講座で学べること】

1.現在の「自分の在り方について」知る
2.なぜ彼らは傷つきやすいのか?
3.どうしたら、彼らの話を受け止めることができるのか?
4.ネガティブな感情はなぜ生まれるのか、どのように整理するのか?
5.どのようにしたら、彼らと向き合うことができるのか?
6.どのようにすれば、彼らを怒らせたり傷つけずに接することができるのか?
7.どうしたら、彼らに正しいメッセージを伝えることができるのか?
8.どうしたら、性格を変えることができるのか?
9.どうやって、問題を解決することができるのか?
10.どうやって、彼らに目標を与えることができるのか?
11. その他

 

②カウンセラー養成コース

「繊細」な「こころ」に影響を与える技術

カウンセラー養成コースでは、さらに上級のプロとしてのテクニックを学びたい方のために、NLPの持つ様々なテクニックを駆使して、どのように他者の「こころ」をサポートするかという技術を体系的にお伝えします。

【この講座で学べること】

1.どうしたら相手の「こころ」の仕組みを理解することができるか?
2.傷つき、生きることに辛さを感じている相手にどのように手を差し伸べるか?
3.相手の「こころ」をどのように満たし、立ち直らせるのか?
4.相手のネガティブな感情をどのように扱うのか?
5.相手の「不安」はどのように消すことができるのか?
6.相手の「怒り」はどのようにコントロールするのか?
7.相手の「罪悪感」はどうしたら手放すことができるのか?
8.過去のトラウマはどうやって解消するか?
9.どうしたら、相手に影響を与えることができるのか?
10.どうやって、相手の問題を解決することができるのか?
11.どうやって、相手の目標を形にするのか?
12.その他

※このコースは「Basicコース」を修了していることが前提となります。

また、このコースを終了すると「全米NLP協会認定プラクティショナー」資格認定「若者メンタルサポート協会認定カウンセラー」受験資格が与えられます。

講師

【講師プロフィール】

レーベルマネジャー、カウンセラー、大学講師として活動中

アーティストマネジャー、音楽プロデューサーでありながら、カウンセラー、プロコーチ、メンタルトレーナー、大学講師としても活動中。

 

小杉 茂
株式会社 HOWLING BULL 代表取締役
株式会社Creative Communication Management 代表取締役

アーティスト・マネジメント兼プロデューサー
カウンセラー、メンタルトレーナー、プロコーチ、
尚美学園大学講師、
一般社団法人エグゼクティブコーチング協会理事

【資格】
全米NLP協会認定トレーナー
米国催眠療法協会認定トレーナー
日本カウンセリング学会 認定カウンセラー
日本応用カウンセリング審議会 認定カウンセラー

1990年よりインディペンデントのレコードレーベルHOWLING BULLを立ち上げ、
Hi-Standardを始め、国内外200以上のバンドのプロデュース、マネジメントを行なう。
ある日、アーティストの「こころ」の繊細さにどう向き合うかという観点から、
カウンセリングの技術を応用することを思い立ち、さまざまな心理学を学ぶ。
特にNLP(神経言語プログラミング)の影響力に着目し、
マネジメント業務にどのように取り入れ大きな成果を果たしている。
現在はGYZEという北海道出身のバンドの「ヨーロッパで「2020年にフェスのヘッドライナーになる」と、Phantom Excaliverというバンドの「2022年、東京ドームで満員のライブ」という大きな「夢」を実現させるために活動している。
今回は、岡田氏がどのようにカウンセリングを成功させているかということと
自身のアーティストマネジメントの経験をNLPの知識を使って言語化し、
繊細な「こころ」をどのようにサポートするかという内容の本講座を構成した。

岡田沙織

自身の壮絶な過去を綴ったブログ「こころが楽になる魔法」の読者から、LINEや面談を通して多くの相談を受ける。NPO法人「若者メンタルサポート協会」を設立し、日々若者の「こころ」の支援を行なっている。

岡田 沙織 
NPO法人若者メンタルサポート協会 代表
若者アドバイザー、トラウマカウンセラー
過去の傷を自信に変えるメンタルコーチ
アシスターズプロジェクト 理事
渋谷CrossFM「岡田 沙織のひとりじゃないよ」パーソナリティ
その他講演・コラム執筆など

自身の経験を綴ったブログが多くの若者から支持を受け、「死にたい」と思う子供たちから相談を受けるようになった。
LINEという若者がアクセスしやすいツールと、対面によるカウンセリングの両面からサポートすることで、多くの悩みを解消。
本講座は、岡田氏が体験的に培ってきたノウハウを、NLPの理論を使い1年がかりで「言語化」「体系化」することで完成した

多くの子どもたちをサポートするために、より多くの人に学んでもらいたいという思いから本講座の開講に至った。

S__126509074

株式会社Howling Bull(渋谷区/ 代表 小杉 茂)は、アーティストやクリエイターといった高感度で独特の感性を持った人たちのマネジメントに、実戦心理学であるNLP(神経言語プログラミング)を取り入れることで、繊細な「こころ」が抱える問題をケアし、「目標」を達成することに成果を上げてきました。

一方で若者メンタルサポート協会(渋谷区 / 代表 岡田沙織)では、代表の岡田氏自身の経験から、若者に寄り添うことで、LINEや面談を通して4000件以上のケースをサポートしてきました。

NLPは優れた結果を出している3人の心理療法家「家族療法」のバージニア・サティア、「ゲシュタルト療法」のフリッツ・パールズ、「精神科医」で「催眠療法家」のミルトン・エリクソンたちを分析し、その行動を言語化し、体系化することで生まれた心理学です。

つまり、NLPという心理学は、うまく言っている行動を分析し、それを言語化し、心理学的に説明することで発展をしてきました。

今回は、マネジメントの現場でアーティストに対峙している手法をわかりやすく言語化し体系化することで、「繊細なこころをどのようにサポートし、目標を達成させるか」という実際の場面での対応の仕方をNLPの知識を使って解説します。

そして、岡田氏の実際の現場でのカウンセリング手法をNLPを使って言語化し、さらには、死にたい・消えたい・自傷行為・自殺未遂・摂食障害・援助交際・薬物依存・非行など様々な行動をする敏感な「こころ」を分かりやすくタイプ別に分析し、彼らが何を思い、何を望み、どう寄り添うか・・・を完全メソッド化することに成功しました。

そして、LINEによるカウンセリング技術を学べる日本初の講座です。

繊細な「こころ」によりそうための具体的な技術と、アメリカが生んだ実践心理学NLPの技術が同時に学べる講座となっています!

 

講義日程

Basic コース 日程 東京会場:JR田町駅 徒歩7分 ※詳細は別途ご連絡いたします。
●Basicコース【第1期】1/20(土)1/21(日)1/28(日)時間10:00~18:00
●Basicコース【第2期】2/13(火)2/27(火)3/13(火)時間 9:00~17:00
●Basicコース【第3期】3/10 (土)3/11(日)3/18(日) 時間10:00~18:00
Basicコース 3日間 全12講座 合計全24単位

【第1期】〜【第3期】からご都合に合わせてお選びください。また、期をまたいでのご受講も可能です。

《Basicコース修了に関して》
規定の講座をすべて受講(12講座24単位)した方には、
NPO法人若者メンタルサポート協会より「修了証」を発行します。

 

カウンセラー養成コース 日程 東京会場:JR田町駅 徒歩7分 ※詳細は別途ご連絡いたします。
●講義#1 3/31(土時間10:00~18:00
●講義#2 4/ 1(日)時間10:00~18:00
●講義#3 4/21(土)時間10:00~18:00
●講義#4 4/22(日)時間10:00~18:00
●講義#5 5/26(土)時間10:00~18:00
●講義#6 5/27(日)時間10:00~18:00  全24講座 合計全48単位

本コースは、2018年6月以降も月に1~2回(#1~#6の繰り返し)のペースで開催される予定ですので、上記の日程でご都合が合わない場合、ご自身のペースでご受講可能です。
受講に際してはどの講義(#1~#6)から取得を始めても結構です。
ただし「Basicコース」を修了していることが条件となります。

プリント

◇修了時には「NPO法人若者メンタルサポート協会」より「カウンセラー養成コース修了証」
「全米NLP協会」より「NLPプラクティショナー認定書」が発行されます。
「NLPプラクティショナー認定証」の発行は「全米NLP協会」への入会が義務付けられ、
別途¥15,000の経費がかかります。(「NLPプラクティショナー認定証」は、一年以内であればいつでも入会の手続きをとることが可能です。)
「NPO法人若者メンタルサポート協会」より発行される「カウンセラー養成コース修了証」は無料です。

プリント

◇認定カウンセラーについて
認定カウンセラーは、全コース修了後「NPO法人若者メンタルサポート協会」の実施する
「認定試験」に合格したのちに認定をいたします。認定試験の受験料は¥12,000です。
合格者は公認カウンセラー認定料として¥15,000をいただきます。

*認定カウンセラー養成コースの修了規定は、カウンセラー養成講座(全24講座48単位)のうち44単位以上を修了、且つロールプレイによる実技実習のスーパーバイジング1例(4単位)合計50単位以上を要します。
例えば、講座を全部受講しなくても(44単位は最低必要)足りない単位を、ロールプレイングによる実技のスーパーバイジング(4単位)を2例行うことで要件を満たすことができます。

 

 

料金・お申し込み 

●Basicコース(3日間/24単位)¥68,000(税抜き)
カウンセラー養成コース(6日間/48単位)¥268,000(税抜き)※現在このコースのみの募集はしておりません。
●Basicコース+カウンセラー養成コース一括申し込み(9日間/72単位)¥316,000(税抜き)

お申し込みについての詳細(NPO法人若者メンタルサポート協会HP)

お申し込みはこちら

NPO法人 若者メンタルサポート協会の申し込みページへ

便利なスクールローンのお申し込みはこちら

資格取得や講座の申し込みに便利な、スルガ銀行の「スクールローン」のご案内はこちらです。 またご契約は、ご利用者様とスルガ銀行の直接契約になります。

 

◇銀行口座振り込みでのお支払い
お振り込み先の表記名が、皆様がご利用なされる金融機関によって異なります。
下記をご参照くださいませ。
※2017/12/20までのご入金がOpen記念割引対象となります。

【ゆうちょ銀行からのお振込み、もしくは郵便局で手続きされる場合】
○ゆうちょ総合口座
○記号:10130
○番号:91525501
○口座名義:特定非営利活動法人若者メンタルサポート協会
【ゆうちょ銀行以外の金融機関から、ゆうちょ口座へお振込みされる場合】
○銀行名:ゆうちょ銀行
○店名:〇一八(ゼロイチハチ)
○店番:018
○口座種類:普通
○口座番号:91525501
○口座名義:特定非営利活動法人若者メンタルサポート協会

お申し込みはこちら

NPO法人 若者メンタルサポート協会の申し込みページへ

 

運営:株式会社Creative Communication Management
監修・認定:NPO法人若者メンタルサポート協会

※1 概要に関しましては、NPO法人若者メンタルサポート協会ホームページの「活動内容」ページをご覧ください
※2 ご不明な点等がございましたら、NPO法人若者メンタルサポート協会ホームページのお問い合わせフォームよりご連絡ください

 

pageTop