部下を操る「魔法の言葉」その⑤ 率先して動く人、動かず様子を見る人

あなたの部下や上司はどのようなタイプだろうか? ①自分から率先して行動し、何事も積極的にこなす人。 ②計画性にかけ、やりながら考える.....いつもバタバタな人。 ③あるいは、何事も慎重で、計画に計画を重ねるタイプ。 ④「あーでもない」「こーでもない」と考えてるうちにタイミングを失う.....残念な人。 &n...

① NLP(神経言語プログラミング)とは何か?

NLPとはNeuro(神経)Lingustic(言語)Plograming(プログラミング)の略。 人間の「行動」や「思考」は、体全体に張り巡らされた「神経細胞」に「言語(映像、音も含まれる)」によって「プログラミング」されたものだ、という考えを元にした実践的に使えるように考案された技術だ。 様々なカウンセリングの技術を学んで...

② NLP(神経言語プログラミング)の歴史

「NLP」は、米国で1970年代に、カリフォルニア大学言語学助教授だったジョン・グリンダーと、当時学生だったリチャード・バンドラーによって開発された。 [caption id="attachment_389" align="alignnone" width="500"] リチャードバンドラー(左)ジョングリンダー(右)[/capti...

③ 傲慢な「意識」と働き者の「無意識」...失敗と成功のカギを握る相関関係

「意識」と「無意識」について、あなたはどれぐらい意識をしているだろうか? 私たちは「意識」的な生き物なのだろうか? それとも「無意識」的な生き物なのだろうか? 例えば私たちが生まれた時、どれほど「意識」的だったのだろうか? 生まれたばかりの子供はほとんどが、生存本能に支えられた「無意識」的な世界であるように見える。...

④「無意識」の力を正しく使う方法

「無意識」とは、なんだろう? 「無意識」にはどんな能力があるのだろう?   ①知覚を管理、維持する。 ②身体を保持し、生命を維持する。 ③記憶を保管し、整理する。 ④ エネルギーを作り出し、貯蔵し、分配し、伝達する。 ⑤習慣的な行動を管理する。 ⑥直感的である。 ⑦感情を生み...

⑩ 思考や問題を整理し、影響を与える「ニューロロジカル・レベル」

ニューロロジカル・レベルとは ロバート・ディルツがイギリスの人類学者グレゴリー・ベントソンの考えを体系化したもので、人間の意識を「環境」「行動」「能力」「信念・価値観」「自己一致」「スピリチュアル」の6つの階層に分類した。 6つのレベルは、図のように「環境」が最も下位レベルで、「行動」「能力」「信念・価値観」「自己一致」「スピ...

⑪ なりたい自分を手に入れる簡単な方法「モデリング」

[caption id="attachment_754" align="alignnone" width="640"] モデリングとは、なりたい人を徹底的に真似ることで、そのリソースを手に入れるプロセス。[/caption]   ボクはハンフリー・ボガードの熱烈なファンだったんだ。 彼にあこがれて俳優の道を志し、 ...

⑬ 「こころ」の中の最も大切なもの・・「自己重要感」

あなたや周囲の人で次の項目に当てはまる人はいるだろうか?   ①物事を完璧にこなさないと気が済まない。 ②何をするにも常に「心配」が先に来る。 ③他人に褒められてもなかなか素直にそれを受け取れない。 ④何かにつけて自分自身を責めてしまう。 ⑤やたらと周囲の目が気になる。 ⑥何かと言い訳を...

⑭ 「成功」までの道のりをリハーサルする「チェインプロセス」

人間はイメージできないことは、実行に移すことはできない。 だから、「成功」までの道のりをイメージすることは重要だ。   [caption id="attachment_791" align="alignnone" width="640"] 成功するためのリハーサルそれがこのプロセスだ![/caption] ...
pageTop